ストレッチで目元のたるみを改善できる


たるんだ目元を引き締めるには、フェイスストレッチが有効です。
加齢が原因で目元がたるむことは防ぎようのないことであるため、少しでも若々しさを維持するには、普段からフェイスストレッチを行っていくと良いでしょう。
フェイスストレッチでは、顔の血行を促進することを目的としています。
特に、表情を大げさにあらわさない方というのは、顔の血行が悪くなりがちであるため、フェイスストレッチを行うことでしっかり効果を実感できるかもしれません。
フェイスストレッチの中でも簡単な方法が、眉毛を動かすことです。
眉毛を動かせば、まぶたの筋肉が上に引き上げられます。
眉毛を上に引き上げてその状態を5~10秒間維持するという方法を何回か繰り返してみましょう。
そして、瞼を閉じた状態で、眉と目を離すように努力してみます。
また、目を大きく開いた状態を5~10秒維持し、次に数秒間ギュッと目を閉じるということを繰り返す方法も有効です。
目の周囲にある筋肉というものは、意識しなければ動かす機会があまりないので、目元がたるんでいると感じたら、毎日フェイスストレッチを行うことを習慣化すると良いでしょう。
初日は、ほんの数分間だけでも疲れを感じると思いますので、最初は5分程度だけ行うようにし、徐々に時間を長くしていくと良いのではないでしょうか。
フェイスストレッチの基本は上記で紹介しましたが、まぶたの運動以外にも、顔全体のストレッチも行うようにすれば、さらに効果を高めることができます。